スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「イカシバ」が南日本新聞に載ったよ!
Fri.18.03.2011 Posted in 奄美大島で どぉ!?
0 comments 0 trackbacks
「イカシバ」って?

奄美に来てから知った言葉です。
島でしか使っていない言葉かもしれません…。

山から「シイ」の木の枝を伐ってきてそれを海に沈めて
アオリイカの産卵床を人工的に作る作業です。

イカシバ

サンゴが少なくなってきていることは皆さんよくご存知と思いますが
海の生き物が卵を産みつける産卵床&稚魚の隠れ家になる「海草」も
減ってきているのです。

「海草」がいっぱい生えていたら人間が「イカシバ」なんてしなくていいのですが…


南日本新聞の記事
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=31096

ノンベエ(オレンジのパーカー)が頑張っています

私はシイの木の枝に土嚢袋をくくりつける紐を切る作業から始まって
木に袋をくくりつけ… 飲物&弁当係をやっています

そして

余った弁当は晩御飯用に、いただいて帰るのである



奄美大島でダイビングするならRELAXダイビングサービス

奄美の海! フォトコンテストにどしどし出品してくださいね!





スポンサーサイト

« 島口(しまぐち) | Home | ちで鹿 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。